沿革

設立趣意書

少子・高齢化の進展やライフスタイルや価値観の多様化など社会状況が大きく変化する中、スポーツや文化活動がこれまでの学校や企業、行政を中心とした仕組みでは十分に対応できない状況が生まれてきています。

こうした状況を改善し、だれもが生涯にわたってスポーツや文化活動を楽しむ社会をつくるため、時代の変化に対応した新たな考え方や仕組みづくりが求められています。

こんな中、地域が一体となってスポーツや文化の自立したシステムを創り出すことを目的として、『木曽川文化・スポーツクラブ』を設立し以下の活動を中心として活動したいと考えています。

『木曽川文化・スポーツクラブ』が目指すもの

  1. 「いつでも、どこでも、いつまでも」誰もが気軽にスポーツや文化を楽しめるクラブ
  2. スポーツや文化活動を通して会員相互の連携を深め地域社会の活性化に貢献できるクラブ
  3. 地域の小中学校と連携し、子供たちがスポーツや文化活動を通して元気にたくましく育つ社会づくりに貢献できるクラブ
  4. 定期的・継続的なスポーツや文化活動を可能とする拠点施設を確保して、安心して参加できるクラブ

また、設立総会でNPO法人格を取得することを決議し、平成19年12月21日特定非営利活動法人(NPO法人)となりました。名前の通りこれからはスポーツばかりでなく、文化そして地域への貢献を含めた幅広い活動を行いたいと考えています。

あゆみ

2016年

現在に至る

2012年10月

会員数:1,000人達成

2009年10月

理事長:日比野隆夫 就任

2007年12月21日

特定非営利活動法人(NPO)資格取得

2007年4月1日

設立総会開催(一宮市で最初の総合型地域スポーツクラブ)

理事長:柴田俊彦 就任

2005年〜2006年

日本体育協会の育成指定クラブに認定

2005年4月1日

一宮市・尾西市・葉栗郡木曽川町が合併

2004年

準備委員会設立

役員・スタッフ 紹介

木曽川文化・スポーツクラブは、一宮市・尾西市との合併前、木曽川町の体指・体協・スポ少が中心となり平成16年度に準備委員会を設立し、平成17・18年度日体協の育成指定クラブとなり本格的に活動に入りました。平成19年4月1日に設立総会を開催し、一宮市で最初の総合型地域スポーツクラブとなりました。

理事長

日比野隆夫

副理事長

太田孝子
寺西広造

理事

松本敏彦
橋野葉子
則武通夫
安達民宏
福井万寿夫
川合國夫
水野泰嘉
佐藤直人
野田駒次
本田好真
岩田賢治